プログラム例や開発環境構築系の記事を端的に書けない奴は記事を書くな

 例えば関数の使用例を伝えたいだけの記事だったりするのに端的に書かないアホがネットには多すぎる。
 そういう記事は大体無駄な文章が多い。市販の本は紙面を稼ぐために少なからず冗長な文章として書かれている。そういうものを読んで、そういった冗長な文章が良いとでも勘違いしているのだろうが、それは完全な誤りである。
 その記事が多少冗長であっても、他に類を見ないほど貴重な情報を与えてくれるものであれば誰も文句は言わないだろう。だが、殆どの記事にそのようなものはなく、端的であるという最低限の品質も保持しない場合、ただの害である。
 なぜなら、その文章にはちょっと自分が忘れていて知りたかった情報が書かれているのかもしれないが、他と比べて十分端的で無駄な文章を読まされないものかどうかいちいち判断しなければならないからだ。

 そして書いた記事には日付を付けろ。個人ブログならまだしも法人ネットメディアとして運営しているサイトで、記事に日付がないものがたまにある。信じがたいことだ。