読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外FX業者は魅力的だが・・・

 現在、聞くところによると金融庁天下りに関わる駆け引きにより、日本国内のFX業者におけるレバレッジが低く規制されているなどということですが、海外FX業者は最大レバレッジ888倍のXMなど、トレンドに沿ってうまく取引できれば一晩で億万長者になりうるようなシステムです。レバレッジ規制は、建前上は消費者保護です。まぁ嘘ではありません。ハイレバ取引は確かにリスキーですから。

 日本語で存在する海外FX推奨サイトなどは、このあたりの説明があまり十分ではないところが多いように感じます。顧客を増やすためのファサードとして、無料で様々なEAが使えることなどをエサにしているのでしょうが、もう少し誠実にリスクを説明してもらいたいものです。

レバレッジとは

 持っている分だけのお金を使ってやりくりすることが当たり前だ、と思っている人には最初に理解しづらいのがレバレッジでしょうか。

 FX(FOREX)の取引システムというものは、みんなが証拠金というものを持ち寄り、業者に拠出することによって、個々の投資家たちがそのFX業者から自己資金では持つことの出来ない額のお金を借りて、自分が拠出したお金以上の額の取引を行える権利を貰えるというものです。その取引できる最大額というものが、必要証拠金×レバレッジ率で決まります。また、FXでは取引の決済を、拠出した証拠金だけでやりくりして行うのではなく、取引を行った結果生じた損益や手数料のみを証拠金に足したり引いたりします。これを差金決済と言います。こういった取引形態を信用取引といいます。

 信用取引には市場によって様々なものがありますが、FXでは大体こんなかんじです。しかし、そのレバレッジをかけた最大額等、取引額が大きい場合、相場の変動によって生まれる損益幅も大きくなり、特に、損失が預けたお金(証拠金)より大きくなったり、預けたお金の何割分かに達すると非常にまずいことになります。というか大体の場合、資金の多くを失うか、追加で資金を投入せざるをえなくなるか、破産します。しかし、うまく使えば大金持ちにもなれます。

 また、海外FXでは0カット制度により、日本国内業者のように追証が発生しない企業が主流です。追証とは、拠出してある証拠金以上に含み損が発生してしまった場合、その分が借金となり、場合によってはオープンポジションを強制的に決済され、足りない分は別の資産から払わうことになり、それもかなわなければ破産申告することになるというものです。厳密には色々ルールがありますが大体こんなかんじです。0カット制度では、証拠金以上の損失は発生しません。

 しかし、なるほどこれなら安心ですなー・・・・・とはなりません。ハイレバレッジで取引できるということは、最大取引可能額で取引していたと仮定すると、USD/JPYなら20銭ほど動いただけでものすごい損益の変動になります。

■ヤヴァイ例 ※以前の記事内容の計算がMX MT4方式の証拠金維持率計算ではなかったので修正しました。

取引タイプ:USD/JPY

証拠金:2,000,000万円

レバレッジ:888倍(海外FX業者であるXMでは、200万までの証拠金でレバ888倍の取引が出来ます。)

取引額:1,766,700,000円 ←概算の最大取引可能額

買った時のレート:117.000円

変動後のレート:116.800円

含み損:-3,020,000円

証拠金維持率:-51.2685(大体-51%)

と、スプレッドだとか約定率だとかを省いて単純計算しただけでも、決して大きくはない変動で証拠金維持率が簡単に低くなることがわかりますね。上の例だと、変動後のレートが116.9円ぐらいだとまだ証拠金維持率はプラスなのですが、数銭下がるだけで一気にマイナスです。ただ、実際に888倍で取引できる肝っ玉やキャパのある人は少数でしょう。しかし、海外FX業者は0カット制度に加えロスカット執行が行われる証拠金維持率も低く設定されているため、ギリギリのラインまで突き詰めて勝負ができるプラットフォームだとも言えます。ハイレバ取引というのは、基本的にはどれだけ証拠金が大きくても、最大取引額での取引は危険です。結局は、証拠金が多いと、安全な証拠金維持率で多額の利益が狙えるようになります。

 なので、証拠金の額と取引量によっては、一瞬で証拠金維持率がマイナスとなり、預けていた資金が枯渇することになります。しかし、日本国内業者のように超過分が借金にならないのは確かに安心と言えます。もっとも、普段はこのようなリスキーで極端な倍率で取引などせず、証拠金維持率が高い水準で堅実に取引します。ここぞというときに、なくなっても致し方なしという額にレバレッジを掛けた額で勝負をするものでしょう。

 あと、オーダーに設定できるストップロス(損切り決済)は、XMの場合40pipsほど動かないと決済できません。これは、取引ロット数によってはものすごい損失になるので、取引量によっては手放しで使えるものでもありません。