外為どっとコムの経済指標フラッシュのラグ勘弁して

 なかなか素早く実測値を通知する(はずの)、外為どっとコムでメンバーが使わせてもらえる経済指標フラッシュなのですが、肝心なところで遅れやがりました。

 ミシガン大消費者指数が本日00:00に発表だったので、経済指標フラッシュを起動させ、アラームつきで待機していたのですが、まてどもまてども通知が来ません。そうしている間になんとこの日の指数発表後の動きは、始値終値差が-39pipsで、この指数としてはかなり大きい変動です。通知が来たのはその遥か後、5分以上遅れてからで、他の指標ではそれなりに素早く通知が来ていたのでがっかりしました。

 予想値と実測値が大幅に異なっていたことも有り、通知さえ正常に得られていれば利益はほぼ確定していたでしょう。ロイターからの情報をそのまま送信しているサービスのようですが、このようなことがあってはロイターどうなのということにもなりかねません。まぁ一人ぐらい文句行ったからなんなんだという話ですが・・・

 信用して使ってみたのになんというザマでしょうか。あとついでに文句を言っておくと、経済指標フラッシュで用意されている経済指標はかなり少ないですね。重要度がそれほど高くなくても、指数によってしっかりと値動きを見せる指数は他にいくつかあります。