日本で入学する大学の偏差値がどうのこうのといっている人達はまだお子様

 ものすごくアホらしいです。勉強というのは自分のために自分でいつでもやるものであり、なんの役にも立たない入学試験のためにやるものではありません。

でも、社会的に認められている試験をパスしたほうが良い人材でしょ?

 なんとも言えませんが、官僚的団体において出世できる確率は上がるでしょう。しかしそれをパスした人達が皆それほど素晴らしい人材であるなら、日本にある問題はもっと解決されてもよく、もっと良い製品やサービス、制度ができていてもおかしくないとは思わないでしょうか。また、大学の入試試験には珍妙で難解に見えるものも多いですが、だれかが考えたその問題をクリアしたからといって自分にとってなんのメリットになるのでしょうか?役に立つ技術や知識というものは現在その多くが共有されており、クイズ好きの権力者が出す承認課題にいちいち付き合わなくても、実力を身につけることは比較的容易にできるのです。そもそもそういった承認課題を出している機関や人間は、社会に生きる人々にとって有用な発明や提案や仕事をしているのでしょうか。

 階級が全てだ、という価値観の人間は危険です。間違いなく階級主義的な人間であり、社会に不当な格差を作り、地道な働きをしている人間の功績を認めず、「学歴や階級に反して結果を出す人間」を抑圧する存在になる確率が高いです。これは歴史が証明しています。

学歴という紋章があれば人の上に立てそうじゃん

 そう単純ではありません。実社会では実利を取った人間にのみ人がまともについてきます。東大卒でも人が一人もついてこない人を知っています。その人物には多少の専門性はありましたが、それでなんとかなれるほどのものではありませんでした。日本における、高学歴、などというものはその程度のものなのです。東大京大卒よりお勉強が出来なくても、例えば代々の名家や資本家のほうが圧倒的に力があります。その他には、実利を取るための手法を発想出来た人、気づけた人などが強いです。

 これだけではなんだかひがみっぽいので私の考え方を述べます。

人生は自分が満足するために勉強、実践して結果を出すもの

 これに尽きます。入試の様に、やりたくもないクイズを多数と競って少ない椅子を取り合うという競争もまぁいいでしょう。しかし人生の本質は、自分が満足するために勉強して結果を出すことだと思います。そこに知性、体力、実践力がなければもちろん失敗する確率は高いでしょう。肝心なのは、自分はどうしたくて、それをやるための自信を持てるかどうかということなのです。ここで入試と繋がってくるのですが、子供というものはまだ人生や学び、実践に対する自信も実感もありません。このような経験値の低い存在に対して、この試験をパスすることがこの世における評価の全てだ、というような風潮をすりこんでいることが問題なのです。試験勉強なんて面白くもなんともないしやりたくなくてあたりまえです。その試験において他より勝りたいなどという動機を最大限持ち続けられる変な人間なんていったいどれぐらい存在するのかそちらのほうが疑問です。

 金を稼ぎたい、何か大きくて公益も大きい事業の中心人物として存在したい、他人が持っていないものをたくさん持ちたい等、穏健なものから攻撃的なものまでどんな動機でもいいですが、それらを実現するための勉強はできるし、実践も出来るのだということを一体どれぐらいの大人が子供に教えているでしょうか。もしかしたらそんなこと子供に教えたら大変な事になるじゃないかと考え、あえて教えたくない大人も少なくはないでしょう。

 実現したいことを考えたり、新しくぶつかった問題などを解くことというのは、じっくりやれば、誰でもある程度は出来るものです。この試験に自分は挑戦していないから、利益を目指してなにかに挑戦する資格もないんだ、などと考えてほしくはありません。試験なんて誰かにそう思わせるほど権威のあるものではないのです。しかし、なにか困難な目標に向かって解決したいと思った時、勉強と発想が必要になることは確かです。肝心なところでそれが出来るかどうか、それが人生における本物の勝負であり、どんな敗北があっても諦めてはいけないところであり、わざわざ諦めなくてもいいところです。実際学歴が高いからと言って問題解決能力が万能であることはまずありません。中途半端な人ばかりだし、学歴で勝る人よりそうでない人の能力が勝るなどというケースはいくらでもあります。

 学歴というものは、日本政府と経団連が簡単な人材のカテゴライズとして国民に押し付けているものなので、それが嫌いな場合、それに負けず自信を持って、誰になんと言われようが勉強と実践と利益追求を求めていくという根性を失っていはいけません。

 失った時が真の敗北です。