読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HappyHackingKeyboardLite2をクリーニングしてみた

 前の記事でHHKBの良さを語っていたら掃除がしたくなったのでやってみました。下の写真は買ってから一度も掃除をしていない状態(10年ぐらい・・・)でキーを外してみた様子です。昔試しでこの廉価版のHHKBLite2を購入したのですが、なんだかんだでこれ以外でなくても良いという結果になっています。

f:id:tensor12321:20150827220246j:plain

f:id:tensor12321:20150827220348j:plain

 すごいですね・・・予想はしていましたが予想以上でした。本当に元に戻せるのかと心配になるほどの汚れですが、ほぼホコリが乗っかっているだけなのでしつこい汚れではありません。ホコリがカビに見え、おそらくカビもたくさんいたと思います・・・が気にしません。なぜなら人の体はちょっとやそっとのカビには負けないからです。部屋の掃除はこまめにするのにキーボードを放っておくとこうなるという例です。で、下の画像はとりあえず洗浄後に組み上げている途中の画像です。

f:id:tensor12321:20150827220633j:plain

 常にこの状態に保っておきたいぐらいきれいになりました。しかし驚いたのは、分解のしやすさです。キーの裏にカード等を差し込み、テコの作用で上に押し上げてやると簡単に外れます。キーボード背面のネジを外せば前面カバーも簡単に取れます。キーが付いたままでも前面は外せるみたいです。分解すると、センサーとキーとの間にメンブレンと呼ばれるゴム膜がありますので、傷つけないように取り外します。

 ここで注意ですが、洗浄するのは、キー、前面カバー、メンブレンのみにしてください。構造的にセンサーにはメンブレンが覆ってあるのでそれ以下はほぼ汚れませんし、簡単には洗えません。多少ホコリやチリが入っていますが、掃除機等で吸い出すのみにしたほうが無難でしょう。

 洗浄が終わり、良く乾燥させたら組み立てるわけですが、まずメンブレンをセンサー基板にフィットするように載せ、前面カバーを取り付けて背面からネジ止めします。その後、前面カバーのキーの穴にキーを押しこむだけでほとんどのキーは元の状態に戻りますが、Space、左Shift、Enterキーは、キー押下時の姿勢を安定させるための金具が付いていますので、外した時と同じ様に取り付けて下さい。簡単な構造です。

 メンブレンには、キーの数だけ凸が設けられており、この凸にはバネ同様の復元力が有り、キーを押した時の復元力の元はこの凸です。ゴムに設けられた凸の下にセンサーが有り、その部分にメンブレンが触れると信号が発せられる仕組みになっています。

 キーボードを選ぶときには、メンブレン方式だとかメカニカル方式だとか口にしますが、実際に触ってみるとこういうものかと実感できて楽しいものです。夏バテでなんだかだるいので気分転換にやってみましたが、物理的にも精神的にもすっきりするので、定期的に清掃するのがいいかもしれません。

 しかし、レイアウトの設計だけでなくメンテナンス性も非常に高くてやはり素晴らしいキーボードだと改めて思いました。また、メンブレンもへたっている様子がなく、こんなに長く使えたらサイクルが長すぎて売れないだろうなと思いました。まぁ、その分お高いんですけどね。

 完成後の様子は以下のとおりです。長年使った結果、摩耗したキー表面がテカっている様です。もしかしたらしつこすぎる油汚れで、ちょっと洗ったくらいではとれていないのかもしれません・・・が、非常に綺麗になり、キーを打った感触もホコリがない分良くなりました。

f:id:tensor12321:20150827223107j:plain