読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本のネットショップは通販大手と量販店が手を組み一本化しないとAmazonには勝てない

 Amazonが便利なことは今更言うまでもありませんが、最初に本当に便利だと感じたのは、そこらの書店では手に入らない書籍が簡単に手に入ったことでしょうか。輸入だと送料がそこそこかかることもありますが、手に入るということのほうが重要でした。

 Amazonにこき使われている従業員の方の努力も有り、発送から到着までが早いのは昔からだったのですが、そこにきて送料無料だとかリテールセラーシステムだとか、Amazonだけが得をするわけではないネットならではの仕組みを躊躇すること無く取り入れてきていたので、ユーザー数を獲得するのは当然でした。

 日本国内では楽天Amazonに対抗できる唯一の企業だと思われているでしょうが、システムの使い勝手が良くなっても、Amazonとは決定的に異なるところが、海外サイトの充実でしょうか。Amazonは先進各国用に支社とサイトが有り、キャンペーンや品揃えが国ごとに相当違い、これが非常に面白いのです。Amazonはなんでもある、と思っている方も多いでしょうが、Amazon日本だけを見ているだけではAmazonの品揃えの豊富さを実感することが実は出来ておらず、損をしていることもあるのです。PC周辺機器などを見てみても、玄人なら欲しがるだろうけど日本Amazonにはなぜか置いてない、といった商品もアメリカAmazonにはずらっと置いてあるということが多いです。書籍などもまだ日本Amazonでは取り扱われていないけどアメリカからなら買える、ということはよくあります。

 楽天では海外配送自体は出来るようにはなっていますが、各国に拠点を設けるといったことまでは出来ていませんし、今まだやっていないということは勝算を得られていないということに他ならないでしょう。

 ただ、Amazonは日本に対して売上から納税していません。これは国際的な税制のマニアックな仕組みによりなせることなのですが、こう聞くと日本国民としてはAmazon不買運動を・・・・となりそうなところですが、なりませんね。なぜなら、Amazonは日本に納税してはいませんが、周りにショップがなんでも充実しているわけではない地方などに対して、ものすごい機能的メリットを与えてくれているからです。部屋のパソコンで豊富な商品を楽しみながら閲覧し、ポチるだけで最短で翌日には届き、しかも送料無料サービスまであると。この送料無料のギミックが知りたいところですが調べられていません。日本国内の配送業者に無理な負担が及んでいなければいいなとは思います。また、最短配送時間については、東京都心等では24時間以内に配送出来る仕組みを試験運用しているようです。ドローン技術の進化によってこの部分もそのうち爆発的に加速しそうです。

 まぁいろいろありますが、やめられないとまらない仕組みが構築されているので、買い物好きならAmazonになっちゃいます。各商品ジャンルの専門店のネットショップには、Amazonにおいてないものもあったりするので、そういうものを買う時はそちらを使いますが、Amazonを使わない理由にはならないのです。

 だからやはり、Amazonの台頭により日本国内でシェアを奪われるのが嫌であれば、量販店が手を組んでさっさとグローバルな仕組みを構築しないと、ただでさえ負けているのに勝てることなどありえないわけです。