トリウム溶融塩炉は安全じゃないし、放射性廃棄物も出る

 外部電源喪失時のメルトダウンが無いという点以外、安全性は高められていません。
 さも完璧安全な次世代原発であるというような印象操作が行われていますが、外部攻撃、大規模災害、大規模地震カルデラ噴火等が起きれば、過酷事故に至り汚染が広がることでしょう。
 地熱、水素、太陽光、GTCCといったものでハイブリッドクリーンエネルギーシステムをいち早く構築すべきです。
 また、過程での発電と発熱を同時に賄えるコジェネレーションシステムの普及も、可能であれば安価で進めるべきです。原発は必要ないのです。