ドラゴンボールスーパーの戦闘シーンはもう少しどうにかならなかったのだろうか

 ドラゴンボールファンというわけでもなかったのですが、ここにきて新しいバージョンのドラゴンボールである、ドラゴンボールスーパーが放送されているのを見て、おーまたやるのか、と興味が出たのと懐かしさから見てみました。
 キャラクターデザインや世界観等は良いのですが、強さの設定と戦闘シーンが釣り合っておらず、その点がなんだかしらけました。子供はこんなんでも喜ぶのでしょう。
 星を壊すほどの攻撃が出来るという設定は、ベジータ以降当たり前になっていますが、宇宙すら壊せるというレベルの、「神」同士の戦いにしてはスローだし、衝突時の衝撃音や衝撃波の演出等も、現在放送されている中でのもののようにはならないはずなのです。
 漫画だからこまけーことはいいんだよ、という人もいるでしょうが、これでは考証などどうでも良いただのキャラ漫画だと言われても仕様がありません。まぁキャラ漫画なんですけど。
 ドラゴンボールのファンで、新シリーズが放送されるだけでもうれしいという人はなにも言わずに喜んで見るのでしょうが、ピッコロ時代の神ではない、宇宙レベルをコントロールできる神まで設定に使ったドラゴンボールの次回シリーズは、きっと多元宇宙が舞台で、多元宇宙神と戦うことになり、スーパーサイヤ人多元宇宙ゴッドに悟空がなるという話だと予想します。