読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安倍内閣とそれに迎合する日本マスコミが吹聴するTPP大筋合意の大嘘

 TPPは秘密交渉です。何が合意されたのかわかりませんし、USTRの報告書に、大筋合意などという文言はありません。
 この大筋合意ということを勝手に言っているのは、アメリカのケリー議員、日本の内閣とそれに付き従ってプロパガンダを流す日本マスコミだけです。アメリカのメガ企業複合体と経団連が日本で企んでいることは主に以下のとおりです。

  • アメリカの医療業界は日本の皆保険制度を破壊し、高い医療と保険を将来的に日本に押し付けたい。
  • 知財の障壁を破壊し、特許でアメリカ有利になるように法制度を整えさせたい。
  • 大量に作ってしまった遺伝子組み換え米麦を日本で売りさばきたい。
  • 大量に作ってしまった抗生物質まみれ乳製品を日本で売りさばきたい。
  • 大量に作ってしまった抗生物質まみれ肉を日本で売りさばきたい。
  • 労働力を安く買い叩きたい。派遣規制の緩和。残業代の廃止。
  • 法人税の低減と消費税の増税。金持ちはより金持ちに。貧乏人はより貧乏人に。

 そもそも聖域なき関税撤廃などという馬鹿げたことを当たり前の様に押し付けてくる事自体がおかしいし、本当はアメリカのためでしか無いので日本にはメリットよりデメリットのほうが大きいのです。
 アメリカ議会のジョン・ケリー議員ははっきりと以下のように発言しています。

 TPPの大義として、世界平和に繋がると言っていますが、アメリカ以外の国の法律は条約より下に来るのに、アメリカの法律は条約の上に位置づけられます。この様な不平等条約は世界平和などではなく、戦争や紛争に繋がる火種となる条約です。韓国は米韓FTAで、国内法をアメリカの圧力で変えざるを得ない状況に置かれていますが、韓国の位置づけでは、戦争してアメリカに歯向かうなどということは絶対にできません。仮に対等な軍事力を持つ国同士であれば必ず戦争になっているケースでしょう。
 TPPに参加して市場がより自由化すれば豊かになり、食品も安くなって嬉しい、などと思っているお馬鹿な人達がいるようですが、一部製品が値下がりしても、他の利益をごっそりを奪われるTPPで我々が豊になれるはずはないのです。