ネット掲示板等でTPPで安いコメが買えることになることを期待している日本人はバカ

blog.livedoor.jp
 2chに張り付いているようなレベルの人間のレスなので仕様がないといえば仕様がないのですが、5kgのコメが1000円安くなるという噂で喜んでいる人達が居るようです。
 まぁ、こういう人達は値段だけ見てアメリカの農業や酪農業界の腐敗ぶりを知らないから値段だけでTPPイイね、などと馬鹿丸出しで不注意な発言をしているのでしょう。こういった情報を流すのも、TPPへ賛成するB層を獲得するために誰かが流しているのでしょうが、米5kgが1000円から650円になったぐらいで狂喜乱舞するなどというのは、相当所得が低いか、外食業者のどちらかではないでしょうか。
 農業を保護するというのは実は先進国でもあたりまえのことで、アメリカでもEUでも国家安全保障の一環として、農業や酪農の保護は当たり前にやっており、やめる気などさらさらありません。なぜか日本でだけ農業保護が悪の様にプロパガンダが流されています。
 こんな情報に対して無条件で喜んでいる層は程度が知れているし多数派だとも思えませんが、こういった層から切り崩していくことがアメリカと日本国内における売国奴の戦略であり、それに乗ってしまう層が、日本にも確かに存在するというのは残念なことです。
 自民政権も、地方創生などといいつつそれらがなされる具体的な手段やデータも無く、TPPで護ると豪語していた聖域まで侵すような外交をしています。