ゆみちゃんのFXぶろぐ FXテクニカル分析ブログと情報商材の闇

ゆみちゃんのFXぶろぐ

 ちょっと面白いブログを見つけました。「ゆみちゃんのFXブログ」なるブログです。
 内容はというと、古典的なFX等のテクニカルチャート分析を用いて結構稼げてますよ、というものなのですが、このブログの目的はおそらく情報商材」の販売につなげることです。実際ブログでそちらのほうへ誘導するリンクがあります。
 
 ※以下に記述することは全て上記ブログに対する記述ではありません。
 情報商材の販売目的サイトの特徴を以下に挙げると、

  • 販売者自身の失敗談や苦労談から始まる。
  • 自己紹介が多く、大体の場合現在は景気が良いことになっている。
  • サイトで紹介するメソッドの失敗談が少ない、又はほとんど無い。

といったものです。
 FXのテクニカル分析ブログについて考えると以下の点が気になります。

  • よくあるテクニカル分析のエントリーポイントで全てポジションを立てるとすると、必ず逆の大きなトレンドにそれなりの割合で遭遇し、損切りしてイグジットすることになる。
  • 勝率が高いような記述だが、実際の勝率を計算するだけの根拠となるデータが示されていない。
  • なのにFXに関する情報商材を売ろうとしている。
  • はっきりいってそこらで売っているFXテクニカル分析本の内容をちょっと変えて記事にするだけでも成立する内容である。

 古典的なテクニカルがたまたまはまり、利益を出せることは良く有りますし、そういった内容を紹介しているブログの内容を頭から否定するものでもありません。しかし情報商材の販売が目的だということを念頭に置いて考えると、クローズしたポジションの時系列データを読者が見ていない以上、内容を鵜呑みにして情報商材を買うという選択は馬鹿な選択だと個人的には思います。購入はそれぞれの自由ですが・・・