読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川内原発運転差し止め訴訟 福岡高裁宮崎支部の西川知一郎は原発ムラの狗

川内原発:差し止め認めず 新規制基準「不合理と言えず」 - 毎日新聞
 福井県の高浜原発は、滋賀県での判決により第一審で差し止め命令が再度出される運びとなりましたが、川内原発はやはりそうは行かなかったようです。
 川内原発は火山や避難計画の不備など、高浜原発に比べて遥かに危険である要因が多いにもかかわらずです。
 まぁ司法なんてそんなもんなのですが、西川知一郎は、無論のこと現政権や原発村のトップから打診され、うちうちに選ばれた裁判長ということでしょう。
 福井県原発銀座で何かあっても日本は壊滅状態になりますが、川内原発も同様にまずい位置にあります。なぜなら台風が直撃しやすいところであり、カルデラ火山火口も集中しているからです。
 このような状況が続けば続くほど、日本の環境が放射能によって壊滅する確率はどんどん高くなっていくでしょう。原発をなくし、高効率火力、コジェネレーション、再エネ(特に地熱)などで構成されるハイブリッドシステムを作るしか安全に電力を確保する手段がないというのに一体日本の為政者達は何をやっているのでしょうか。
 日本をぶっ潰したいと思っているとしか思えませんね。