読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故被害のことを忘れていないだろうか

 5年前に福島原発は原因不明の爆発で放射能物質を広域に撒き散らすという事態になりました。
 いかなる理由があったにせよ、国と東電はこの自体を阻止することが出来ませんでした。
 家計に余裕のある家庭は避難できましたが、土地を離れられない人たちは放射能まみれの土地で住むことを余儀なくされ、地域の産物は「放射能汚染されたもの」になってしまいました。
 爆心地以外でも少なからず被害はありますが、国と東電はこのような地域に対して何の補償も出来ておらず、あろうことか、じわじわとなかったことにしようとしています。また、そのような振る舞いに便乗する卑怯な国民も少なからずいるという始末です。

 日本と日本国民はこれからずっとこのような国として生きていくとでもいうのでしょうか。