STAP細胞問題 理研、NHK、その他マスコミが理研の笹井を自殺に追いやったことを忘れてはならない

www.youtube.com
 理研NHK、その他マスコミは、国益になるかもしれない有能な研究者を、研究にはよくある瑕疵ぐらいで叩きまくりました。
 その結果、かなり面白い切り口であるSTAP細胞論文は悪者扱いされ、笹井さんに至っては自殺する結果にまでなりました。NHKは特集番組で小保方晴子を重大犯罪者のように追い回しました。しかし報道側にもSTAP細胞論文の経緯に関して誤報も相次ぎ、どうやら小保方晴子のみが何かしたということではないことがわかってきました。
 山梨大学の若山の、あの腹に一物かかえていそうな表情を見れば、普通の大人なら違和感を感じると思います。
 こんなものは、あーちょっとミスが有ったんだぐらいでおいておいて、どんどん研究を続けてもらうべきところなのです。それもあろうことか何も出来ないクズどもが本当に有能な研究者である笹井さんを自殺に追いやるなどこの日本で決して起こしてはならないことだったのですが、やってしまいました。
 今後何があろうと、理研NHK、その他マスコミには、この問題の総括と謝罪をさせるべきでしょう。