読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パナマ文書 どう考えても大企業のタックスヘイブンを用いた租税回避は国民に対する泥棒行為

 合法だから良い、と法治国家ではそうなってしまうのかもしれませんが、これ、やってることは泥棒と同じです。
 租税回避した分が国内企業の利益になっているのだから、金の流出を最小限にとどめて、より多くの企業が使える金を国内に残している、というような詭弁がどこかから出てきそうですが、そうでもありません。
 他の大体の国民は糞真面目に納税しているわけです。その中で大企業や要人だけが租税回避して、しかもその租税回避によって他国へ少なからず資金が流出しているわけですから、立派な売国行為だと思います。