MQL4/5 オブジェクトの描画順序

 描画ライブラリ等によくあるような、細かく描画順序を指定する「描画深度」のようなプロパティは無いようです。

 もしかしたら有るのかもしれませんが、上のドキュメントにはそれらしきものが見当たらず、OBJPROP_BACKという、オブジェクトを他のオブジェクトよりも後ろに描画するかどうかだけを指定するプロパティがあります。
 今回は前面に描画するオブジェクトと背面に描画するオブジェクトを分けたいという問題だけ解決できれば良いとします。
 その場合、前面のオブジェクトには 、
 ObjectSet(name,OBJPPROP_BACK,false);
とし、背面のオブジェクトには、
 ObjectSet(name,OBJPROP_BACK,true);
とするだけで解決できます。
 これを設定せずにオブジェクトを同一ウィンドウ内に描画すると、描画順序をMT4が勝手に決めてしまい、望みの描画結果が得られません。
 それにしても、描画順序を深度指定して描画したいものです。