【君の名は】大して面白くないんだが?

 作画技術はともかく、大して面白いとは思いませんでした。
 こういう作品に感化され、感動するかどうかという事は、見る人の精神年齢や、精神状態に依存していると思います。
 例えば、経験値の浅い子供や、なんらかの理由で心が弱っており、本作の中に出てくるような純愛(?)的な物を見たいなどといった状態にある人でなければ、そこまで面白いとは思わないでしょう。
 正直言ってメディアを用いた宣伝効果がたまたま当たり、この結果につながっているだけのような気がします。
 
 大人になればなるほど、時間を割いて行うことには実利を求めるように成ると思います。比較的自由度が低い生活を送ることになる若年層は、そんなことは気にせず、ただ単純に、感化されるままいろんなものを受け入れたり拒絶したりする確率が高く、アニメ映画などというものは、大体がそういった層向けのものだと思っています。しかし、攻殻機動隊は例外に入れたいと思います。
 アニメ映画でもなんでも、鑑賞したことによってなんらかの刺激的な情報を得られる場合、ものすごく価値を感じますが、残念ながらそのような作品は数少ないです。海外ドラマ等にはそのようなものを比較的多く見つけることが出来るような気がします。

 何が言いたいかというと、君の名は、からはなにも刺激を受けなかったということです。