無料であっても設計ミスだらけのフォントファイルを出すな

 諸事情によりフォントをいじるプログラムを書くことになった。その際にいい感じの日本語フォントがないか探し、適当にダウンロードして使ってみたのだが、これが運の尽きであった。
 フォントファイルなんてどれ使ったっていいだろと思っていたのだが、どうやらフォントファイル内の色んな情報が正しく書かれていないと、フォントファイルを扱うプログラム内で色々計算する時に被害が出る。
 プログラム内では、描いたフォントの領域を取得して、その部分をわかりやすく枠で描画したりするのだが、こういった処理を行いたい時、情報が不十分なフォントファイルを使用していると、フォントの描画等では一見問題なく動作していても、描画した文字を囲む領域の計算結果がとんでもないものになったりする。
 こういった現象に遭遇すると、ライブラリのバグなのかなんなのか、などと色んなケースを考えたり試したりと、目的に対して膨大な無駄作業が発生する。

 中途半端なもんは無料でも出して欲しくない。無料という謳い文句でこちらは釣られて使うわけだが、被害が出る。

 タダより恐いものはないってのはフォントの話・・・なんてね。