今村雅弘復興大臣が痛いところを記者に責められ、反論できずにガチギレ

 今村雅弘興大臣が記者会見で、原発事故の自主避難者を巡って記者から批判され、反論できずにキレて退室するという政府末期症状ともとれる事態が発生しました。
www.youtube.com
 国策で行われ、国策の失態により汚染された地域から避難した人たちが大勢いるわけですが、補償が出る避難者と出ない避難者がおり、これはバカげたことに、原発からの距離でバッサリ決まります。これだけでもふざけているのですが、この度補助対象者の補助金も打ち切られることになり、国はもう補助しないから、帰りたければ帰れ、帰らないのは自己責任、と言い放ったわけです。
 
 無駄な除染費用や無駄な汚染水漏出防止工事には鹿島建設などに多額の税金が流れているのに、自身や家族の生命に危機を感じた人たちに補助を行わず責任転嫁を行うこのような政府が正常であるはずがないのです。

 国民は断固としてこのような政権、政府を解散させるべきです。