BuffaloのゲーミングキーボードG:300を買ってみた

 たまに行くPCパーツショップになにか目ぼしいものはないか見ていたところ、BuffaloのゲーミングキーボードG:300がセールだったので買ってみました。それでもAmazonの新品価格よりは高い価格です。小売店は大変ですね(´・ω・`)
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N37ZVE0?ref=emc_b_5_twww.amazon.co.jp
 打鍵感は全く試さず、安かったので、まぁそんなに外れないだろうというぐらいの気持ちで買ってみました・・・が、なんとこれがなかなか良いキーボードでした。
 なんといっても打鍵音が非常に静かです。しかし、これ以外に特に評価するところはありません。
 メンブレン式で、打鍵したときの反発力があまりなく、フカフカした感じになるよう作られているので、強烈な反発が欲しい人には違和感のある打鍵感かもしれません。また、キーボード裏の足を立てた状態での傾斜角度が緩めでしょうか。あと5度ほど傾いてくれると個人的にはベストですが、これは人によるでしょう。
 常々手頃な価格の静音キーボード(パンタグラフ式は除く)を探していたのですがなかなか見つからずイライラした時もありましたが、これは非常にいい買い物でした。カナル式イヤホンと組み合わせれば打鍵音はもう問題になりません。
 今までアメリカ仕様のDELLキーボードをなんとなく使っていたのですが、それと比べるとキートップが小さめであることに気づきます。日本仕様キーボードと比べても若干小さめでしょうか。しかしこれは、多分慣れると強みになるでしょう。指の可動範囲が小さくて済みます。
 耐久性については不明ですが、G:300で1000万回の打鍵に、G:500で2000万回の打鍵に耐えるそうです。この指標にどれほど信憑性があるのかは知りません。

 まー色々書きましたがすでにかなり気に入っています。昔のキーボードには静音性だけならまずまずのものもあったのですが、今となっては個別で手に入れることが難しいので、2~3000円程度でこのレベルのキーボードが買えるのは良い傾向です。
 Buffaloよありがとう(`・ω・´)ゞ


 新しいキーボードに慣れるために寿司打を久しぶりにやってみた・・・うざかった。